認印はシャチハタでも大丈夫?

  • RSS

「認印=シャチハタ」
このようなイメージを持っている方はおそらく多いのではないでしょうか。
確かに、認印としてシャチハタを購入される方は非常に多いと思います。
しかし、シャチハタの印鑑は、インクの特性上、朱肉印に比べ保持力というか耐久性に欠けてしまうということがあるようです。
また、印鑑としての効力を持たないいわゆるスタンプの位置づけとして捕らえられている傾向が見られます。
この、良い例として、公的な届出の押印は、シャチハタでは受け付けてもらえません。

そして、銀行印としても、実印としても届出をすることはできません。
こういうと、シャチハタは使いにくい印鑑だ購入を躊躇されるかもしれませんが、この社会では、シャチハタユーザーが非常に多いです。
その理由は、持ち運びが楽であり、たいていの場合、認印はシャチハタでも大丈夫ということがあげられると思います。
例として、小包の受け取りや書留などの受け取りはシャチハタでも大丈夫です。
会社勤めされている方でしたら、出勤簿への押印も問題ないかと思われます。
こうは言っても、認印としてであっても、シャチハタが拒否されてしまう場合もあります。
認印で大丈夫ですと言われてもシャチハタは認印ではないと認識されるケースもあるようです。

つまり、これから認印を購入しようと考えておられる方は、安易に、「認印=シャチハタ」というイメージで購入されることは考えたほうが良いと思います。
色々な条件に対応できるように、簡易的に使えるシャチハタと、ちゃんとしたときに使える朱肉印の両方を用意されるほうが、無難だと思われます。

[PR-印鑑の卸売格安ショップ]
高品質の印鑑が卸売価格で激安!しかも最短即日対応が可能の安心ショップです。
印鑑・実印の激安通販【日本印章社】

このページの先頭へ